リン酸の語り処

遊戯王の考察・構築案の物置です。

遊戯王オフを終えての感想&デッキレシピ

最近遊戯漬けの日々を送れて満足しています、リン酸です。

今回はオフ会参加後の感想およびまとめみたいな内容になります、せっかくのブログなんだしこういうのやりたかったんですよね。

 

さて、自分は先週末に二日連続で「霊使いオフ」「ですともオフ」といった2つのデュエルオフに参加してきました!そろそろ体がもたなくなりつつあります。

 前者の方では霊使いドラフト以外にはそこまでデュエルしていたわけではないのですが、霊使いについていろいろと話せる機会がとても貴重なのでこれも非常に楽しかったです!久々に自分がウィンちゃん好き且つ霊使い好きであることを自覚できるいい機会でした、まだしばらくこんな感じになりそうです。

後者の方は一日中デュエル漬けだったので、心ゆくまで遊戯を堪能できました。デュエルして見たかった方と対戦できたり、中々会えなかったフォロワーさんと邂逅できたりとさらに交流の輪を広げることができました。

その中でも、デュエル場面のベストショットがこちらになります!!

 

 

 

f:id:h3po4:20180815170242j:image

 

画像を間違えました(目を逸らしながら) 

いや、ブログとか書くつもりなかったからほとんど写真撮ってないんですよ…面白かった場面は本当にたくさんありました!

例えば、2戦連続でエクゾ決められて灰になったり、もう少しでデッキアウトの時にサンダイオンが花嫁衣装になって墓地から帰ってきて粘られたり、絶望神で攻撃する以外の選択肢だと負ける状況ができたりなど...思い出はいっぱいありますね。

ホントはどんな内容のデュエルだったかとか細かく残したいんですけど、如何せん対戦相手の方に許可なりの確認を取り損ねてしまったので…やらかしの極みです。この反省は次回以降に生かそうと思います。

 

あと、せっかくなのでこのオフ2連戦で使用したデッキの現状の構築を載せておこうと思います。一度記事にしてから大きく変わっているものが多いので、いい機会ですし変更点等もかねて記しておこうかと。まぁ、本当の理由はオフ後のデッキ上げの流れが全然なくて載せ損ねただけなんですけどね。

 

 どんなデッキなのか気になる方は是非とも過去記事を参照してくれよな!!!(熱い宣伝)

 

1.【マカロンサーチャー】

f:id:h3po4:20180815170426j:image

昔懐かしの自分のごちゃまぜ系構築の原点です、結局組み直しました。

一番大きな変更点は《ライトロード・ドミニオン キュリオス搭載による絶望神へのアクセスです。また、《ヴァレルガード・ドラゴン》が効果で破壊されない且つマシュマカロンを蘇生できるため非常に噛み合っています。

やっぱり使っていてとても楽しいデッキでした、これなら組み直した甲斐があります。

 

2.【ドミノライザー】
f:id:h3po4:20180815170412j:image

トラップトリック》の登場での《ギアギアギア 》周りの枚数調整と《闇黒の魔王ディアボロ》の搭載が大きな変更点です。

特にディアボロについてはかなり迷いましたが、最近流行しているヴァレルロードディアボロ本人のような対象耐性持ちの高打点に対しての解答があまりに少なかった(以前は《E・HERO Great TORNADOのみ)ので、その対策として採用しました。もう一つの理由は《撃滅龍 ダーク・アームド》に変えてドミノライザーの動きに繋げるという役割のためです。

キュリオスの搭載で以前にも増して安定度が上がっています。使ってるパーツもパワカばかりですからね、もう少し練り直したいところです。

 

3.【B・K・B】
f:id:h3po4:20180815170401j:image

 おそらく既存の手持ちの中で最も変更点が多いです。

まず一つ目に《天地開闢》周りの解雇に伴い、《BK グラスジョ―》や《BK スイッチヒッター》が抜けました。その理由は《BK 拘束蛮兵リードブロー》の枠が《CHキング・アーサー》に変わったことです。いや、マジでリードブロー出しにくいんだって…

また、《No.105 流星のセスタス》でもリードブローの代用が効くことに気付いて七皇の剣以外に直接出しやすくした点も大きいです。この前セスタスの効果を初めて読んでビビりました。

二つ目に「ラビット+Pスケール」から作る盤面を「《No.59 背反の料理人》+《No.71 リバリアン・シャーク》」と定めたことです。これにより、無駄なくリバリアン・シャークの効果を使えつつ、背反の料理人の効果でいつでも七皇の剣を構えられる状況を作れます。おかげで歴千の猛者がデッキから抜けていく中、《シールド・ウォリアー》くんは未だに在籍中です。相手が警戒してくれるので思ったより便利でした。

 

4.【黒庭コレクター】
f:id:h3po4:20180815170435j:image

 新たな主力である《トークンコレクター》の採用が主な変更点です。

このカードの登場によって《切れぎみ隊長》でのリリース要員確保の動きがランク4に繋がり、より盤面が安定するようになりました。また、トークンコレクター》のトーク破壊効果が《ブラック・ガーデン》と同じ強制効果なので自分でチェーンが組め、攻撃力半減のあとに破壊による攻撃力上昇が発生するため疑似的なアタッカー運用も可能になります。あと一々ーズ・トークンを出さなくてよくて処理が楽になります。

これだと黒庭ラグナの布陣が簡単に組めて戦いやすかったので、こういったデッキを作ってみるのも楽しいかもしれませんね。

 

5.【無限ズムウォルト】
f:id:h3po4:20180815170446j:image

 これについては、この前記事にしたばかりなので変更点はほとんどありません。

 ちなみに無限ループまではいきませんでしたが、ズムウォルトでのライブラリアウトは一回達成しました!やったぜ。

 

あと一つ、【六霊使いコントロール】を仕上げたのですが、こちらは自身のTwitter(@wynn_h3po4 )にレシピを載せていますのでそちらをご覧ください。

ちなみにこのデッキのついて紹介記事を書く予定は現在のところ一切ありません。せっかく色々と声を聴かせてもらったのですが、自身が現状の構築に難ありと判断したためです、予めご了承ください。もっと納得のいく形に仕上げられたら紹介記事に載せさせていただこうと考えております。

 

ということで、遊戯オフの簡潔すぎる感想と既存手持ちのレシピ紹介は以上となります。ここまでご覧いただきありがとうございました。まだまだ遊戯王は続けていこうと思っていますので、これからも自分と遊んでくださるようお願いいたします!

それではまた次の機会に!!